野菜ファーム【趣味の家庭菜園】

ナスの育て方・栽培 Eggplant

ナスの育て方・栽培

植え付け時期

5月中旬頃
比較的高温を好むので、早植えは控えましょう。

連作障害

あり
トマトと同じナス科なので、注意しましょう。

苗の選び方

1、茎が太い(安定しているものは良く育つ)
2、子葉がついている(根元に小さい葉っぱがついているもの)
3、本葉が7・8枚で緑の濃いもの(そのまま植えれます。)
4、節間が詰まったもの(長いとひょろひょろに育ちます。)
接ぎ木苗を選ぶと連作障害や病気に強く、育てやすいです。

日照時間

ナスの色は日光による発色なので、日当たりの良い場所に植えましょう。

病害虫対策

アブラムシやダニ類がつきやすいので、葉の裏側もよく観察し、少発生のころ、対処しましょう。

ステップ1 土づくり

たい肥・有機肥料・苦土石灰をまき、良く耕しましょう。
根が深く伸びるので、元肥は畝の中心に深めのところにしましょう。

寒さに弱いので、マルチをしましょう。土壌の乾燥も防げます。
植え付けの1週間前に、マルチをして土を暖めるとよいでしょう。

ステップ2 植え付け

遅霜が終わったゴールデンウィーク明けころ、植え付けをします。
15〜20cmの高さの畝に、60〜70cm間隔で植え、短い支柱で苗を支えてあげます。
茎に土がかぶらないように、浅く植え付けるようにしましょう。

ステップ3 支柱立て・整枝

一番果は小さいうちに摘みましょう。一番果のすぐ上のわき芽と、一番果のすぐ下のわき芽を伸ばして育てます。それ以外のわき芽は小さいうちに摘みましょう。
主茎と合わせて3本の茎を伸ばし、3本の支柱を使って支えてあげます。

ステップ4 追肥

根が伸びるので、根の先端あたりに肥料を施すようにすると、効き目が良くあらわれます。
まだ小さいうちは株の周りに、大きく育ってきたら畝の間に施すといいでしょう。
肥ぎれを起こさないように、15〜20日に1回くらい追肥をしましょう。

ステップ5 収穫

開花から15〜20日くらいで、収穫できます。
収穫が遅れると味が落ちるので、気をつけましょう。

内部の込み合った枝は剪定をし、果実に日光が当たるようにするとおいしくなります。
ナス科