チンゲンサイのそだかた栽培さいばい  Pakchoi

チンゲンサイの育て方・栽培

種まき時期

春まき:4月下旬
秋まき:9月上旬

連作障害

あり 1〜2年は気をつけましょう。

病害虫対策

アオムシ、コナガ、アブラムシなど
春と秋は害虫に要注意です。
早めに捕殺し、殺虫剤をかけましょう。

チンゲンサイのそだかた栽培さいばい のコツ

●下のほうが大きく膨らむので、株間を広めにとるようにしましょう。
害虫対策はしっかりと行ないましょう。

土づくり

植え付けの2週間前に苦土石灰をまき、良く耕し、植え付けの溝を掘ります。1週間前に元肥は、深さ30cmのところに置くようにします。

種まき

溝全体に2〜3cm間隔にバラバラとじかまきします。 タネをまいたら軽く土をかけましょう。 乾燥に弱いので、保水性の優れた土壌がよいでしょう。 少ない株数を育てる方は、ポットに育ててもいいでしょう。 本葉が5枚のころ、畑に植えましょう。

間引き

葉が重なり合わないように、間引きをします。 1回目 本葉が2枚になったところで、株間7〜8cmになるように間引きをします。 2回目 本葉が5枚になったところで、株間20cmになるように、間引きをします。

追肥

1回目 2回目の間引きの時、畝の間に肥料をまき、軽く土と混ぜ合わせます。 2回目 1回目の追肥の2週間後くらいに、肥料を畝の間にまきましょう。

収穫

草丈が15cmを越えたぐらいの、大きくなったものから収穫していきます。 大きくなりすぎると、質落ちるので早めに収穫して美味しくいただきましょう。