野菜ファーム【趣味の家庭菜園】

コマツナの育て方・栽培 Komatsuna


種まき時期

寒さにも暑さにも強い野菜なので、栽培できる期間は長い。

特徴

葉類の中では、寒さや暑さに比較的強く、短期間での栽培ができます。 栄養価の高い野菜なので、ぜひ安心なコマツナを食べたいですね。

一般地:3月中旬〜9月下旬

温暖地:3月上旬〜10月中旬

寒冷地:4月上旬〜8月下旬

コマツナの育て方・栽培のコツ

間引きをしっかりしましょう!
害虫の発生には気をつけましょう!

ステップ1 土づくり

苦土石灰と完熟たい肥をばらまき、15〜20cmの深さに耕します。
溝まきの場合、元肥として、油粕、肥料、たい肥を深さ10cmのところに置き、4〜5cmの土をかぶせます。
湿気の多いところはベッドまきにし、水はけを良くするといいでしょう。元日をベット全体に施し、15〜20cm間隔のすじまきにしましょう。

ステップ2 種まき

元肥を施した溝に、パラパラと種をまきます。種が重ならないようにまきましょう。
1cmくらいの土をかけ、軽く押さえます。
乾いていたら、水をあげましょう。

ステップ3 間引き・追肥

1回目 本葉が2枚くらいのころ、株間が3〜4cmになるように、間引きをします。
間引きの後、追肥を行います。通路に肥料をまき、軽く土と混ぜ合わせましょう。

2回目 草丈が7〜8cmくらいに成長したころ、株間が6cmくらいになるように、間引きをします。
間引き後、追肥を行います。 通路に肥料をまき、軽く土と混ぜ合わせます。

ステップ4 収穫

草丈が15〜20cmほどで、収穫です。
丁寧に抜き取りましょう。