野菜ファーム【趣味の家庭菜園】

ニンジンの育て方・栽培 Carrot


種まき時期

2月から3月下旬(春まき)
梅雨明けの7月(夏まき)

ニンジンの育て方・栽培のコツ

比較的夏まきが育てやすいので、おススメです。
株間をあけることで太く育てることができます。
タネは多めにまき、日光が当たらないと発芽しないので、薄く土をかけましょう。

ステップ1 土づくり

植え付けの2週間前に苦土石灰をまき、良く耕し、植え付けのまき溝を深さ3cmほどに掘ります。堆肥を入れすぎるとニンジンではなく根になりやすいので注意が必要です。

ステップ2 種まき

根菜類は根が育つ野菜なので直接タネをまきます。すじまきでタネをまき、隣との間隔は1cmぐらいで良いでしょう。また、水分を多く必要とするので芽がでるまではしっかりと水を上げましょう。
注意として、日光が少ないと発芽しないので深くタネを埋めずに軽く土をパラパラとかけるぐらいにします。

ステップ3 間引き

間引きは最終的に10cmぐらいにするので、2回から3回間引きをします。
間引きをしなくとも育ちますが小さいサイズのニンジンになるので大きくするためには10cmぐらいになるように間引きをしましょう。
初期は特に雑草にやられやすいので、草取りは入念にしましょう。

ステップ4 追肥

間引きをするときに追肥を一緒に行い、土寄せも合わせて行ってください。

ステップ5 収穫

種類にもよりますが直径が5cmを超えたら収穫になります。小さくても食べることはできますので、様子を見ながら収穫してください。
収穫時期が遅れると、縦にさけてしまいますので、遅れないように収穫してください。