キャベツのそだかた栽培さいばい  Cabbage


種まき時期

春まき 4月
夏まき 7月
秋まき 9月

植え付け時期

春まき 5月
夏まき 8月
秋まき 10月

特徴

栽培適温は5〜25度と、範囲が広く、真夏の高温には弱いが、耐寒性は比較的強い。

病害虫対策

ヨトウムシ、アオムシ、コナガなどの虫類。
ごく小さいうちに薬剤散布で防ぐことができますが、大きくなってからでは薬剤が効かなくなります。さらに、球の中に入ってしまうと、打つ手がなくなってしまいます。
早期に見つけて、早期に防除しましょう。

農薬を用いない場合は、しっかり防虫対策をしましょう。
べた掛け資材で、キャベツを直接覆います。風に飛ばされないように、しっかり止めましょう。

キャベツのそだかた栽培さいばい のコツ

苗は深く植えない。
害虫に人気があるので注意をしよう!

種まき

一つのポットに4〜5粒、種をまきます。発芽するまでは、乾燥しないように新聞紙をかけておきましょう。
本葉がではじめたころ、2〜3本に間引きをします。
本葉が2枚のころ、生育の良いものを残し、1本立てにします。

土づくり

全面に苦土石灰をまいて、良く耕しておきます。
植え付け前に、元肥として、完熟たい肥、肥料、油粕を入れ、幅40cmの畝をつくります。

植え付け

本葉が5枚ぐらいになったころ、植え付けをします。
植え付けの穴をあけます。株間は40cmくらいあけましょう。
土が乾いていたら、植え付け穴にたっぷり水をあげましょう。
丁寧にポットから抜いて、穴に植え付け、軽く押さえます。

追肥

1回目 植え付けから15〜20日後、畝の片側に肥料をまいて、土と混ぜ合わせながら、土寄せをします。
2回目 1回目の追肥から20〜25日後、1回目と反対側の畝に肥料をまいて、土と混ぜ合わせながら土寄せをします。

以降、20〜25日間隔で、同じように追肥をおこないます。
最後の追肥は、結球しはじめたころにしましょう。

収穫

球を軽く手でおさえてみて、固くしまってきたら、収穫時期です。
株元に包丁を入れて、収穫しましょう。

気をつけるポイント

とにかく害虫には大人気なんです。

必ずと言っていいほど、害虫はついてしまいます。
無農薬で育てたい方や初心者の方には、ちょっと難しいかもしれません。
カブヤガラの幼虫は、昼間は土の中にいて、夜になると出てきて、キャベツを食べてしまいます。昨日まで順調に育っていたのに、朝になったら食べられてるーなんてこともあります。
とにかく、早期発見、早期防除が大切です。毎日観察しましょう。